注目の「手帳・カレンダー・ブックカバー」

TOP > 来場案内 > 前回(2018年)ISOT文具PR委員が選ぶ注目製品特集 > 注目の「手帳・カレンダー・ブックカバー」

amorph 着脱式 ブックカバー

アモルフ (株)

パチッととじるから持ち運びに安心

本は、新品の状態ではピシッと平らな紙の四角い塊ですが、読み進めるとどうしても扇形に開き癖が付いてしまいます。せっかくブックカバーで外を保護しても鞄の中などに無造作に入れて持ち運んでいると、気がつかないうちにページが開いて折れたり汚れてしてしまうことがあります。このブックカバーは、本を閉じれっばマグネットで自動的にパチっととまって開かないので安心です。本をアクティブに持ち運ぶ人に使って欲しいカバーです

レシート日記

(株) 盛栄堂印刷所

買い物単位で思い出を記録

「物を買う」というのはそれだけで一日のイベントだし、特に旅行中などはレシートの内容に思い出が直結するもの。レシート+メモで日記に仕上げるのはトラベラーズノートなどではよくある手法だが、それを専用のダイアリーとして作った目の付けどころはとてもいい。

ACTIO手帳リプレ

EDUL Design (株)

中高生のうちから自己を管理できるように

中高生向けに設計された、生徒の主体性を重視し、決断・実行の習慣と行動力を身につけさせるための手帳です。自己管理を手帳で行うことの心理的ハードルを低くするよう設計されています。Future Design Mapで目標設定を行い、月間は見開き2ヶ月で俯瞰した見通しを立て、週間は見開き一週間バーチカルで家庭学習時間の可視化を行います。巻末には1年間を振り返るページもあり、次年度に向け自己認識力を高める設計です。

レシート日記

(株) 盛栄堂印刷所

身近なログアイテムを貼ってデコる楽しさ

レシートには、店名や電話番号、購入した日付や時間、購入品目や価格などいろいろな情報が凝縮されて印刷されている。これを貼っていくだけで立派なログになる。レシート日記ではレシートを貼る専用スペースを確保。さらにその周辺の記入欄にメモしたりデコったりすることで、レシートが、情報の正確さはそのままに、その人の人生における重要で印象的な事柄の証人として活用される。気軽に始められて記録としての正確性も保証されている。

フリーサイズブックカバー

(株) ベアハウス

本の大きさを気にしないで済む万能ブックカバー

本好きな人はいろんなサイズの本を綺麗に読みたいと思っているはず。そのニーズに1枚で応えるマジックテープ式のブックカバー。

剥がした後にもノートや手帳に使える画期的な日めくりカレンダー

通常めくったら捨ててしまう日めくりカレンダーですが、この商品は付箋になっているので剥がした後にも手帳やノートに活用できます。流行りのバレットジャーナルにも活用できそうです。文房具デザインも温もりがあって可愛い!

レシート日記

(株) 盛栄堂印刷所

レシートにはその日の思い出が詰まっている

レシートを記憶を喚起するきっかけとして使うというアイディアがうまい。家計簿連携の手帳や日記帳は、最近増えてきているけれど、さらにカジュアルに、日記といういか、日々のメモのような体裁で作ってあるので、始めやすいし、毎日書く必要もないのが魅力。家計簿が苦手な人の入門編的にも使えるし、ショップレビューのアイディアメモとしても使えるなど、その後の利用範囲が広いのも、この製品ならではの魅力だろう。

レシート日記

(株) 盛栄堂印刷所

レシートで残す思い出

何もしなければゴミとなってしまうレシートですが、人は必要な物以外に心を動かされた時にものを買います。そんな心の動きを物として残しているレシートを日記に活用するという発想が面白いです。

他にも多数の出展社・出展製品があります。仕入れ・買付けのためにご来場下さい!!

※招待券をお持ちでない場合、入場料¥5,000/人。18歳未満の方の入場は固くお断りします。