日本文具大賞とは

TOP > 日本文具大賞 > 日本文具大賞とは

日本文具大賞とは

機能面・デザイン面それぞれにおいて、その年のもっとも優れた文具に贈られるアワード、日本文具大賞(ヨミ:ニホンブングタイショウ)。 受賞企業にとっては販促の絶好のチャンスとして、またバイヤーにとってはその年の注目製品を一度に知ることのできる機会として、業界から大きな注目を集めております。第28回を迎える今回は、2018年7月7日以降に発表された文具の新製品・リニューアル製品の中から10製品を選定、機能部門/デザイン部門を設け、優秀賞・グランプリを決定します。 グランプリを含む受賞製品はISOT会期初日に行う表彰式にて発表・表彰させていただきます。

審査委員

業界を代表するプロダクトデザイナーおよび専門紙誌の編集長で構成された審査委員会によって、
各部門の優秀賞5製品を決定、さらにその中からグランプリを決定いたします。(順不同)

【審査委員長】川崎 和男氏

デザインディレクター
大阪大学 名誉教授
名古屋市立大学 名誉教授

和田 達也氏

多摩美術大学
生産デザイン学科
プロダクトデザイン専攻 教授

清水 茂樹氏

(株)枻出版社
趣味の文具箱 編集長

安田 典人氏

(株)小学館
DIME 編集長

高橋 正道氏

(株)徳間書店
GoodsPress 編集長

審査会様子

第28回 日本文具大賞 エントリー・スケジュール

部門

● 機能部門(優秀賞5製品 うちグランプリ1製品)
● デザイン部門(優秀賞5製品 うちグランプリ1製品)

対象

2018年7月7日以降に発表された、

● 筆記具 ● ノート ● 手帳・メモ ● ふせん ● グリーティングカード ● はさみ ● カッター ● 定規 ● ホチキス ● ファイル ● 鉛筆削り ● マスキングテープ ● ペンケース

などの、新製品・リニューアル製品

1社あたりのエントリー可能製品数

10製品

料金

6,000円(税込)/ 1製品

※料金は、エントリー製品情報登録完了と同時に発生します
※ISOT出展社は5,000円(税込)/1製品

エントリー方法

①エントリーフォームを請求(WebまたはFAXにてご請求いただけます)
②エントリーフォームに製品情報を登録

スケジュール

2019年 
5月10日[金] エントリー製品情報 登録締切
5月17日[金] エントリー製品・カタログ 送付締切
6月上旬   優秀賞決定
6月26日[水] 14:00~表彰式(グランプリ決定)

受賞特典

1.有力雑誌・メディアへの掲載

本アワードは、その年の注目製品を一度に知ることのできるアワードとして、各種マスコミから多くの注目を集めております。
有力雑誌はもちろん、TVやWebにも広く取り上げられるため、一般消費者に新製品を直接PRする絶好の機会です。

前回(2018年)掲載、放送例(一部抜粋)

2.ISOT公式ホームページ・SNSで紹介

6月中旬より、ISOT公式ホームページで、受賞製品を紹介いたします。さらに、42万件のデータへのメール配信で広く受賞を告知いたします。
また、Facebook、Twitterでも取り上げるため、バイヤーはもちろん一般消費者へのPRになります。

▲ホームページ

▲Facebook

〈前回 (2018年) 掲載例〉

3.ISOT文具PR委員会が紹介

文具王 高畑 正幸

文具ソムリエール
菅 未里

文房具ライター
きだて たく

文房具ユーザー
他故 壁氏

手帳評論家・ふせん大王
館神 龍彦

商品開発コンサルタント
美崎 栄一郎

ウェブマガジン
「毎日、文房具。」
編集長
髙橋 拓也

ライター
男のこだわりグッズ ガイド

納富 廉邦

文具プランナー
ウェブマガジン「毎日、文房具。」副編集長

福島 槙子

4.会場内特設コーナーにて表彰、受賞作品を展示

〈前回 (2018年) 表彰式〉

ISOT会期初日に、表彰式を開催し、トロフィー・表彰状の贈呈と、グランプリの発表をいたします。
この表彰式は、毎年バイヤーやマスコミ関係者がつめかける、業界の注目イベントです。
また受賞製品は、ISOT会期終了まで、特設展示コーナーに展示いたします。
受賞企業が出展企業の場合は、ブースへの集客にも効果的です。

5.ISOT来場者に配布する「会場案内図」に掲載

ISOT来場者に配布する会場案内図に受賞企業一覧を掲載いたします。
受賞企業が出展社の場合は、ブース番号とアワードロゴを表示するので、集客に効果的です。

〈前回 (2018年) 掲載例〉

6.アワードロゴの使用権を進呈

アワードロゴの使用権とデータを進呈いたします。
製品パッケージやカタログ、ホームページに活用していただくことで、大きな販促効果が期待できます。
なお、使用権は永続します。

グランプリ アワードロゴ イメージ

前回(2018年)受賞企業 アワードロゴ 活用例(一部抜粋)

▲製品パッケージへの使用例

▲製品パッケージへの使用例

▲製品パッケージへの使用例

▲チラシへの掲載例

▲チラシへの掲載例

▲ホームページへの掲載例