出展資料請求 招待券お申込み

お問合せ

メール: isot@reedexpo.co.jp
TEL:
FAX:
03-3349-8505(直)
03-3349-8523

受賞製品一覧

日本文具大賞

  • ※社名をクリックしていただくと各社ホームページが開きます。
  • ※社名は50音順です。
製品名:
knoxbrain LUFT
(株)デザインフィル
グランプリ

薄くて軽い究極のミニマムシステム手帳
表紙カバーの一枚の本革、オリジナルバックプレート、リングの3パーツだけで構成し、究極のシンプルを追求した全く新しい概念のシステム手帳。180度フルフラットに開く。

審査委員のコメント
  • 文房具の中では、綴じ手帳とシステム手帳はすでに膨大に存在している。しかし、この商品は、まず、システム手帳としてのリングそのものを再開発して、手帳素材である皮革との合体化によって、最大の欠陥であったリングでの手帳開閉180°オープンを成し遂げ、一枚皮革としての手帳素材開発によって、「軽量化」を図ったことは、これまでのシステム手帳を大きく換えるような性能性を完成させたといえる。この手帳としての携帯軽量性と使用勝手は賞賛に値する。
    (川崎)
  • 80年代のモノ・マガジンを見返すと、働く男の3種の神器とかで出てきたのがシステム手帳。スマートに使いこなすなんてのじゃなく、どれだけいろんな情報をブ厚く詰め込んでいるかがデキる男の証明だった……今回の受賞製品のコレは、そんな80年代とはまるっきし反対のシンプルなシステム手帳だ。独自開発の小型バインダーなど、シンプルに見えて実は要所にこだわりがあり、システム手帳ってやっぱり便利だなと使えば実感……これが2016年スタイルなんだな。
    (前田)
製品名:
プロジェクタースタンプ
(株)天野製作所

印鑑を捺す時、逆さに捺してしまった、曲がってしまった、そんな経験ありませんか?そんな時便利なのがこの商品。印鑑の先端に触れるとタッチスイッチにより内蔵のLEDが点灯。印鑑の印面が写し出され、正確に捺印できます。

審査委員のコメント
  • 日本の家庭になくてはならないアイテムとして、様々な場面で使用頻度の高い印鑑。その家のアイデンティティとして重要な役割を果たしているにも関わらず、ことのほか軽視されてきたのではないでしょうか。このプロジェクタースタンプは使用状況を選ばない優れた機能性を持ちながら、金属製のボディによる高級感も併せ持ちます。一家のアイデンティティを表すのにふさわしい一品と言えるでしょう。
    (和田)
  • 印章文化圏の中でも実生活に用いる機会が多い、ハンコ文化のある日本らしい一品。先端部に触れるとLEDが点灯する技術を昔からあるハンコに組み合わせ、正確に押印するためだけに開発されたもので、ある意味すごい。上下が分かるから押印する機会が多い役職の人は重宝するし、さまざまな論議を呼んでる「ハンコのおじぎ押し」をする際にも便利だ。
    (澤村)
製品名:
筆タッチ
(株)馬印

ホワイトボード専用書道セット。
トメ、ハネ、ハライがしっかり書けて、液だれしにくいインキを使用しています。書道の指導や、案内板への案内書きに適した商品です。

審査委員のコメント
  • スマホやパソコンが普及したことで、若年層の文字離れが進んでいると言われています。それは読書離れに留まらず、”書く”という行為を遠ざけるまでに至っています。そんな中生み出されたこの書道セットは、特殊なインキの開発によりホワイトボードにも使用できる画期的なアイテムとなりました。筆のタッチの再現性も素晴らしく、特に教育の現場において大いに役立つ一品となることでしょう。
    (和田)
  • 通常のホワイトボードに文字を書いたり、消したりできる、筆とインク。「とめ、はね、はらい」といった書道の筆つかいだけでなく、文字のかすれもそのまま表現できるから、何度も繰り返す習字の練習をはじめさまざまな用途に使えそう。日頃書道はしないが書いていて楽しくなる。
    (澤村)
製品名:
Ca.Crea[カ.クリエ] プレミアムクロス
(NO-605GP)
プラス(株)

A4書類等を三つ折りにし、きれいに収納できるA4×1/3サイズ。表紙には、耐久性がありデザイン性に優れた含浸紙(がんしんし)を使用。中紙は、万年筆のインクが裏抜け・裏移りしにくいパスピエクリーム紙を採用。

審査委員のコメント
  • A4サイズの書類、その整理には携帯性などこれまでも様々な提案商品が存在している。この商品はA4サイズを三つ折り収納するケースを手帳的な形態としてまとめ、紙質の高度化をめざし、リフィルには、考慮される様々なバリエーションを準備している。A4サイズに徹底した書類は、ビニール素材からクラフト用紙など徹底的なシステム化が図られている。単なる携帯性を超えて、デジタル書類との対応性を解決していることを評価している。
    (川崎)
  • こーゆーのはホント、文字で説明しづらいんだよな~というくらいの普通のノート。むろん機能はもっていて、「A4を三つ折りにきれいに収納できる」あったらいいな的サイズであることが挙げられるが、でもノートとしての書き心地、とりわけ万年筆のインクが裏抜け・裏写りしにくいのがトピック。こんな普通な顔して、イマドキの万年筆・美文字ブームに対応しちゃっているのだ。680円で極上の筆走り味わえますよ、奥さん!
    (前田))
製品名:
スタンドペンケース
(株)LIHIT LAB.

上から押すだけで、ペンスタンドに早変わりするペンケースです。素材は耐久性や柔軟性、肌触りの良さをあわせ持つシリコン製です。


審査委員のコメント
  • 机上と携帯という2つの主要なシーンで使いやすさを追求している。素材の良さを生かし、かつ入手しやすい価格を実現している。
    (清水)
  • ペンケースはカバンにいれておくもの!を覆した商品。スタイリッシュなデザイン、色のバリエーションも良い。実際、ブレイク中。
    (大高)
製品名:
飾り原稿用紙 碧翡翠(アオヒスイ)
(株)あたぼう
グランプリ

万年筆や鉛筆などで文字を書くことを愉しむために作られた原稿用紙。新色の碧翡翠は初夏から夏にかけてぴったりの碧色。書くだけでなく、包装紙やブックカバーとして利用されるユーザーもいる不思議な原稿用紙。

審査委員のコメント
  • 極めて当然なる原稿用紙そのものであるが、デジタル時代と対抗する手書き用紙として万年筆対応の性能を紙質そのものから最高品とし、それにもかかわらず通常価格帯というパフォーマンス性という効能を持っている。またこの原稿用紙は5色展開とそれぞれの装飾性を向上させた美しさをもっている。紙質という性能、5色展開という書き心地との効能を、美しい原稿用紙という形式で見事な機能デザインとしていることを高く評価した。
    (川崎)
  • 事務用品としての原稿用紙のデザインに、書く楽しみを加えたユニークな製品。文字数がわかりやすい工夫や書きやすい用紙など機能面でも優れている。A4正寸なので、ふたつ折りにしてバインダーで綴じやすい。罫線の色は鮮やかなので、包装やブックカバーなど雑貨的な使いこなしもできる。
    (清水)
製品名:
シキルイタ
カール事務器(株)

収納シーンに活躍するL型形状の仕切板。アルミ製で強度はスチール製よりも約3割アップ(当社比)し、より安定した収納が可能。リビングやキッチン周りで散乱しがちな小物類を整理整頓できる便利アイテム。

審査委員のコメント
  • 従来の事務用品としてのブックエンドは、鉄製で重たく、塗装が剥げたり、サビが発生するなど、ホームユースには適さない欠点が多くありました。しかし、このシキルイタは材質にアルミを採用し、美しいマットなカラーリングにすることで、デスク周りはもちろんのこと、文具の枠を超えてリビングやキッチンなど、さまざまな収納シーンで活躍するアイテムとなりました。また、ロゴマークにはオーディオ機器などに使用されるダイヤカットが施され、高級感も演出されています。
    (和田)
  • 何気ない仕切り板だが、事務機器のような素っ気ないグレーやブルーではなくアルマイト加工されたカラフルな10カラーで、しかもデザインされている点が新しい。また、3サイズ展開なので、机上や引き出しの中など、仕切るシーンに合わせて選べる。
    (澤村)
製品名:
Pen in Ruler (ペンインルーラー)
プリコ(株)

●2in1/定規とペンがセット
●SMART/コンパクトで持ち運びに便利
●Design/シンプルながら細部に拘ったデザイン
●writing/ゲル芯でなめらかで書きやすく、ニードルポイントで細かな書込みが可能

審査委員のコメント
  • 定規とペンが一体になっているだけに過ぎないモノだが、この組み合わせに緻密な素材加工が施され、しかもその精度が厳密である。定規の目盛りの正確さを更に裏付けるかのようなペン造りと、そのペンを取り出すだけの行為そのものを、製造手法の完璧さで表した精緻(せいち)さは、日本が見習うべき手本になる商品価値を創出した商品であると評価している。
    (川崎)
  • その名の通り、定規とペンを組み合わせた、ありそうでなかったアイデアの新商品です。硬質な本体は美しいアルマイト処理が施されており、文具マニアの所有欲をそそる一品に仕上がっています。精密設計により嵌合(かんごう)部の精度も実に気持ちが良く、使い心地はスマートで、コンパクトなサイズは持ち運びにも便利です。こだわりのギフトアイテムとしても最適です。
    (和田)
製品名:
そえぶみ箋 ふじやま
古川紙工(株)

世界一短い手紙「そえぶみ箋」
ほっこりかわいい美濃和紙の小さなお手紙セット。日々の暮らしやビジネスシーンで、ちょっとしたひと言を贈れる手軽なコミニュケーションツールです。

審査委員のコメント
  • 美濃和紙の風合いを生かしながら、現代的にデザインすることで、気軽に、おしゃれに、ひと言を伝えることができる。ご当地の多彩な絵柄は、地方活性を強力に支えるデザインの元となっている。
    (清水)
  • いつもこの「そえぶみ箋」でお礼状書いてます。通常の一筆箋の3分の1くらいの分量で完結できるところが良い。礼状はすぐに!が実践できます。富士山以外にも、かき氷など夏バージョンもある。
    (大高)
製品名:
カラーギミック
マックス(株)

本体を開き、ボタンをスライドさせると針を打込む部品がセットされ、ホッチキスになります。ボタンを戻せば、たたんで携帯できます。一見、ホッチキスには見えない斬新なデザインと仕掛け(ギミック)を楽しめます。

審査委員のコメント
  • ステイプラーです。以上。。。なんて切り上げられないちょっと面白いステイプラーだ。なんたって、トランスフォーマー。一見「極小サイズのPCマウスか?」なんて思うが、上部のカラーボタンをスライドさせると口が開いて変形完了。スリムなペンケースに入れてもぜんっぜん邪魔にならない。これは古典的な実用機能をリ・デザインした好例だと感じた。
    (前田)
  • 「カラーギミック」というネーミングにしてギミック的だ。これなら、ペンケースに入れっぱなしでも邪魔になりません。10枚まで綴じられるのでコンパクトながら実用的でもある。
    (大高)

こちらのロゴを販促として使用しませんか?

  • 売上UPにつなげたい方
  • 話題性のある商品を取り扱いたい方
  • 特設コーナーを設置したい方

ぜひお問合わせください

日本文具大賞ロゴを使用したい小売店、卸の方はこちら

数あるエントリーの中から、会場で仕入れができる製品をご紹介!

エントリー製品も会場にて多数出展します!
こちらも会場での仕入れの参考にしてください!

エントリー製品チラシ(PDF)はこちら

  • 03-4334-8927
    招待券請求はこちらから