出展資料請求 招待券お申込み

お問合せ

メール: isot@reedexpo.co.jp
TEL:
FAX:
03-3349-8505(直)
03-3349-8523

ISOT 文具PR委員一覧

展示会概要

日本の文具を国内外に広めるPR委員会が今年新たに発足! 本業界でご活躍中の下記8名にご協力いただいております。 文具市場の活性化と文具業界の発展に貢献してまいります。

(※敬称略。順不同 2017年2月10日現在)

高畑 正幸
委員長
文具王
高畑 正幸
プロフィール
  • 1974年香川県丸亀市生まれ、図画工作と理科が得意な小学生を30年続け、今に至る。
    テレビ東京の人気番組「TVチャンピオン」全国文房具通選手権に出場、1999年、2001年、2005年に行われた文房具通選手権に3連続で優勝し「文具王」の座につく。文具メーカーサンスター文具にて10年間の商品企画を経て、マーケティング部に所属。2012年にサンスター文具を退社後、同社とプロ契約を結ぶ。
    きだてたく、他故壁氏と共に、文房具のトークユニット「ブング・ジャム」を結成。各種文具イベントを行う。
きだて たく
文房具ライター
きだて たく
プロフィール
  • 1973年京都生まれ。便利な最新機能派文具から小学生向けの学童文具まで、なんでもいじり倒してレビューする文房具ライター。中でも、仕事に役立たない珍妙な色物文具に造詣が深く、世界最大級(3,000点以上)の色物文具コレクションを自宅に所蔵している。ヒーターとふとんを備えて寒い冬でも手がかじかまない『こたつペン』や、ダンボール製で分厚く目印になる付箋『ぶせん』など、変なオリジナル色物文具の自作記事なども多く手がける。近著に『日本懐かし文房具大全』(辰巳出版)、『あなたに教えたい!5分でわかる44の文房具トリビア』(セブンデイズウォー)など。
館神 龍彦
手帳評論家・ふせん大王
館神 龍彦
プロフィール
  • 手帳評論家、ふせん大王。最新刊は『ふせんの技100』(エイ出版社)。主な著書に『システム手帳新入門!』(岩波書店)『使える!手帳術』(日本経済新聞出版社)『手帳カスタマイズ術』(ダイヤモンド社)など。また「マツコの知らない世界」(TBS)「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)などテレビ出演多数。メーカープロモーションや商品開発にも携わる。手帳活用の基本をまとめた歌「手帳音頭」を作詞作曲、YouTubeで発表するなど意外と幅広い活動をしている。
髙橋 拓也
ウェブマガジン
「毎日、文房具。」
代表 兼 編集長
髙橋 拓也
プロフィール
  • 2014年9月に創刊した文房具の魅力を紹介するウェブマガジン「毎日、文房具。 」の代表 兼 編集長。文房具が大好きで、ウェブマガジンを通じて文房具の素晴らしさを日本中、世界中に発信することをライフワークにしている。最近では文房具売り場のプロデュースや文房具メーカーと共同で販売促進企画を行うなど活躍の幅を広げている。
菅 未里
文具ソムリエール
菅 未里
プロフィール
  • 文具ソムリエール。文房具を紹介するウェブサイトmisatokan.jp運営。
    大学卒業後、文具好きが高じて雑貨店に就職しステーショナリー担当となる。
    現在は、文具ソムリエールとしてメディアで文房具の紹介、執筆、撮影協力などの活動を行っている。
    初の著書『文具に恋して。』(洋泉社)が発売中。
他故 壁氏
ブンボーグA(エース)
他故 壁氏
プロフィール
  • ペンネームは「たこ・かべうじ」と読みます。文房具好きのサラリーマンです。
    きだてたく、高畑正幸の両氏とともに文房具トークユニット「ブング・ジャム」を組み、トークライブを行っています。
    筆記具、ノート、その他持ち運ぶことのできる文房具全般に興味があります。その時期によって好きなジャンルが変わります。
    中でも好きな文房具は「立つ文房具」、いちばん幸せな時間の過ごし方は「小説を書くこと」。たこモチーフの文房具は発見次第購入しています。
    新製品と同様に、1980年代から90年代の文房具の再収集を行っています。ただ蒐集家ではないので、手持ちの文房具は多くありません。
    ブング・ジャムの共著に『筆箱採集帳 増補・新装版』(廣済堂出版)があります。
美崎 栄一郎
商品開発コンサルタント
美崎 栄一郎
プロフィール
  • 商品開発コンサルタント。花王で15年の勤務のあいだに10アイテム以上を担当。日用品であるアタックから化粧品ソフィーナ、化学品など分野の異なる商品開発を経験し、独立。文具、福祉、雑貨、ヘアケア品、旅館向け商品など多岐にわたる分野でコンサルティングを行う。コンサルティングでは商品のブレイクスルーが起こるポイントを速く設計することで1年でヒット商品となるように複合的にサポートする。企画から販売及び広報戦略までシナジーが起こるように仕組みを構築し、ヒットに繋げる。
納富 廉邦
プロフィール
  • 1963年佐賀生まれ。ライター。文房具、革小物、カバン、デジタルガジェット、茶器、食器、楽器、カメラなど、モノ系全般や、書評、映画評。伝統芸能全般、飲食など、娯楽全般をフィールドに、取材や編集、執筆を行う。連載に、オトコ小物の名品(夕刊フジ)、1000円以下のグッドデザイン(for M)、江戸風流で今日を楽しむ(行動人)、MONO for ONTIME(Comforts)他、連載多数。その他、時事コラム、書籍執筆(「大人カバンの中身講座」「やかんの本」他多数)、テレビ出演(「嵐にしやがれ」「マツコの知らない世界」「サラメシ」他)、講演、トークイベントなども。